贈る人の心を伝える伝統の銘酒をつくる―青木酒造株式会社

青木酒造は天保2年(1831年)十一代将軍家斉の時代に現在地である茨城県西部渡良瀬川と利根川の交わる古河に創業し、キレの良い関東人好みの酒を作り続けてまいりました。
清酒御慶事は三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛への願いを込めて「最高のよろこびごと」という意味で「御慶事」と命名したのです。
古河で唯一の地酒として地元をはじめ、広く愛飲されております。


会社概要

社 名 青木酒造 株式会社(あおきしゅぞう かぶしきがいしゃ)
代 表 者 青木 滋延
設 立 天保2年(1831年)
所 在 地 〒306-0023
茨城県古河市本町2丁目15番11号
電 話 番 号 0280-32-5678
FAX番号 0280-32-0655
営 業 日 時 年末年始・夏期休暇・土日祝日を除く平日 10時〜17時
メール info@aokishuzou.co.jp
事 業 内 容 1.清酒、焼酎、リキュール酒の製造販売
2.漬物の製造販売
3.上記に付帯する一切の業務

アクセス
【電車の場合】
JR東北本線古河駅から徒歩8分 古河駅西口をでてからまっすぐ進み、八百忠果物店の前の十字路を左折、その後の分岐を左方向に進みます。 その後点滅信号を通過し、道なりに歩くと左手に神社がみえてまいります。神社の所の十字路を左折してすぐが当社です。 レンガ造りの塀と蔵が目印です。

【自動車の場合】
東京方面より(4号国道より)新三国橋を渡ってそのまま直進。 ・キロ先の大堤交差点を渡ってさらに直進、・キロ先のローソンの十字路を左折して道なり。最初の信号を左折、次の信号を右折して・メートル先の右側、レンガ造りの堀と蔵が当社です。

メンテナンスのお知らせ
2017/08/27(日)09:00〜11:00にかけてメンテナンス作業を行ないます。
この間、サイトにアクセス出来なくなりますのでご注意ください。

Powered by OTSUKA CORPORATION since 2000